こまりーーーーーんこ!!

ドーベルマンの保護犬から始まり、今では小型犬イタグレのアル、ジェイ、保護犬からのこまりとの生活です。

タグ:PLT

こまり4月16日にPLT(血小板数)の検査をしに病院へ
ステロイド投薬後105日目の検査。
ステロイド開始からほぼ3ヶ月半経過。

これまでの経過
・「血小板減少検査
・「ステロイド投薬開始6日目
・「ステロイド投薬開始11日目
・「ステロイド投薬開始32日目
・「ステロイド投薬開始53日目
・「ステロイド投薬開始76日目

ステロイド減薬しても調子は変わらずで、嘔吐・下痢は一切なし。
イタグレこまり (2)


前回からの4週間はプレドニン5mgを1/4錠を1日おき。

血液検査の結果、今回のPLT値は34.6。
ステロイド開始してから27.425.932.130.534.6。
今回も基準値内におさまっている。

1錠にしてもステロイドが効いているということ
貧血も問題なし。
減薬しても安定しているので、薬なしでどれくらいの値を保てるか。
イタグレこまり (1)
食欲旺盛の割に散歩の回数が減っているので体重が4.75キロと今までのMAX
ちょっと太り過ぎたんで少しダイエットかな


次はプレドニン5mgを1週間で1/4錠を2日間。
1ヶ月後に検査。

これから暑い日も増えてくるけど調子は維持できるかな。

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

こまり3月18日にPLT(血小板数)の検査をしに病院へ
ステロイド投薬後76日目の検査。
ステロイド開始からほぼ2ヶ月半経過。

これまでの経過
・「血小板減少検査
・「ステロイド投薬開始6日目
・「ステロイド投薬開始11日目
・「ステロイド投薬開始32日目
・「ステロイド投薬開始53日目

さて病院に着くとお友達が診察終わったところ。
IGこまり (3)

前回からの3週間はプレドニン5mgを半錠から1/4錠へ減薬。

血液検査の結果、今回のPLT値は30.5。
ステロイド開始してから27.425.932.130.5。
今回も基準値内におさまっている。

1錠にしてもステロイドが効いているということ
貧血も問題なし。
これで減薬しても安定しているのが分かってきた。
IGこまり (2)


次はプレドニン5mgを1日おきに1/4錠で1ヶ月後に検査。
こまりの体調も絶好調なんで薬なしでKEEPできるようになってほしい。

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

こまり2月20日にPLT(血小板数)の検査をしに病院へ
ステロイド投薬後53日目の検査。
ステロイド開始からほぼ2ヶ月経過。

これまでの経過
・「血小板減少検査
・「ステロイド投薬開始6日目
・「ステロイド投薬開始11日目
・「ステロイド投薬開始32日目

血液検査するよ。
だいたい何をされるか分かっているこまり
DSC_0003








前回からの3週間はプレドニン5mgを1日1錠から半錠へ減薬。
だんだんPLT値は良くなっているのでさほど心配はない。

血液検査の結果、今回のPLT値は32.1。
ステロイド開始してから27.425.932.1.。
ステロイドが減っても値は上昇。

1錠にしてもステロイドが効いているということ
貧血もなし。
肝臓、腎臓も想定内の結果で問題なしで副作用も問題なし。
白血球(WBC)はステロイドを続けると共に減少傾向。
DSC_0005 (2)

こまりの体調も絶好調で問題ないので、ステロイドをさらに減薬。
半錠を1日おきか、1/4錠を毎日かの選択で、1日おきだと薬の日を忘れてしまうかもしれないので、1/4錠を毎日にすることにした。


次はプレドニン5mgを1日1/4錠で1ヶ月後に検査。
定期健診込みでその他の項目も検査してもらったので他の値は大丈夫かな
これだと別にフィラリア検査しなくていいので経済的。

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

こまり1月30日にPLT(血小板数)の検査をしに病院へ
ステロイド投薬後32日目の検査。

これまでの経過
・「血小板減少検査
・「ステロイド投薬開始6日目
・「ステロイド投薬開始11日目

病院に入るとテンションダウン
イタグレこまり介在性血小板減少症 (2)







前回から違いはプレドニン5mgを1日2錠から1錠へ減薬して3週間。
値がどうなっているか期待して血液検査の結果を待つ。

血液検査の結果、前回はPLT値は27.4で今回は25.9.
気持ち下がっているけど基準値内をKEEPできている。

1錠にしてもステロイドが効いているということ
貧血もなし。
肝臓、腎臓も想定内の結果で問題なしで副作用も問題なし。
ALP(アルカリフォスファターゼ)が388から319へ下がったのも薬を半分にしたから。
イタグレこまり介在性血小板減少症 (1)
体重が減ってきているけど、多尿のせいで水分が減っているからか
薬の副作用で食の細かったこまりがびっくりするほど食べるようになっている。
食べても食べても欲しがる状態。
常に食べ物を狙っている
もう少し体重をアップさせた方が良いそうなんで、糖尿とかにも気を付けながら体重アップしよう。



次はプレドニン5mgを1日1錠から半錠へ減薬するのでまた3週間後に検査。

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

こまりのステロイドを5mg2錠から1錠へ減らして3日経った。

イタグレこまり (1)






薬の影響で多飲多尿であったけど、薬の量を半分にしたことによってオシッコの回数が減っている。
水の飲む量も減っているように思える。
つくづく薬の効き目を実感している。
それだけ他の副作用にも注意が必要ということか
イタグレこまり (2)







もう一つは食欲アップ
今までのこまりには見られなかった食欲で、食い意地はジェイと鈴(りん)より勝っている
胃腸の調子もすこぶる良い
ステロイド恐ろしや~
イタグレこまり (3)
後は太り過ぎないように注意しないと


ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ