こまりーーーーーんこ!!

ドーベルマンの保護犬から始まり、今では小型犬イタグレのアル、ジェイ、保護犬からのこまりとの生活です。

タグ:アメリカ

10月13日(日)は花園ラグビー場でのラグビーワールドカップの試合。
アメリカ Vs トンガ
夜には日本代表 Vs スコットランドの応援もある

この日はイングリッシュゴールデンのすみれちゃんも一緒に
ラグビー日本代表オフィシャルジャージを着て応援
rwc2019hanazono (13)
rwc2019hanazono (3)


今回は花園ラグビー場での4試合で、一番サポーターが賑やかだったかも。
どちらのサポーターか一目で分かる
rwc2019hanazono (14)
rwc2019hanazono (1)

rwc2019hanazono (12)


何故かエクアドル
rwc2019hanazono (2)

トンガチーム
rwc2019hanazono (9)



すみれちゃん、ジェイ、こまり、鈴(りん)みんなで
rwc2019hanazono (5)
rwc2019hanazono (6)



すみれちゃんは大きくて目立つので、いっぱい声を掛けられて写真攻め
犬用のラグビー日本代表オフィシャルジャージは好評で良かった
rwc2019hanazono (10)
rwc2019hanazono (8)
rwc2019hanazono (7)
rwc2019hanazono (11)


ジェイと同い年の11歳のフェスタくんにも会いました。
rwc2019hanazono (4)

これでラグビーワールドカップの花園での試合は終了。
またいつか開催される時があるのか

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加

10月13日(日)は花園ラグビー場でのラグビーワールドカップの試合。
アメリカ Vs トンガ
ラグビーワールドカップ日本_花園ラグビー場1



ランで遊ぶのも今のうちに・・・
ラグビーワールドカップ日本_花園ラグビー場2




ラグビーワールドカップ日本_花園ラグビー場3
台風の影響が心配されるが日曜日は多分大丈夫だろう。
ランに来る際は駐車場にご注意

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカケンネルクラブより
2016年にアメリカでの人気犬種が
発表されました。

日本と違って広大な土地があるアメリカ
人気犬種もかなり違っています。

1位はなんと、26年連続1位のラブラドールレトリバー
ラブラドールレトリバー
日本のトイプードルの人気も凄いけど、
26年連続だと比較にならないぐらい凄い人気。

2位はジャーマンシェパード。

3位はゴールデンレトリバー。
ゴールデンレトリバー

では、日本では25位くらいのイタグレは何位でしょうか

    
<2016年人気犬種ランキング>
順位犬種
1 ラブラドールレトリバー
2 ジャーマンシェパード
3 ゴールデンレトリバー
4位 ブルドッグ
5位 ビーグル
6位 フレンチブルドッグ
7位 プードル
8位 ロットワイラー
9位 ヨークシャテリア
10位 ボクサー
11位 ポインター(German Shorthaired)
12位 シベリアンハスキー
13位 ダックスフンド
14位 グレートデン
15位 ドーベルマン
16位 オーストラリアンシェパード
17位 ミニチュアシュナウザー
18位 ウェルシュコーギーペンブローク
19位 キャバリアキングチャールズスパニエル
20位 シーズー
21位 ボストンテリア
22位 ポメラニアン
23位 ハバニーズ
24位 シェートランドシープドッグ
25位 ブリタニースパニエル
26位 スパニエル(English Springer)
27位 バーニーズマウンテン
28位 マスティフ
29位 スパニエル(Cocker)
30位 チワワ
31位 ショートヘアードハンガリアンビズラ
32位 パグ
33位 マルチーズ
34位 ワイマラナー
35位 ニューファンドランド
36位 ミニチュアアメリカンシェパード
37位 コリー
38位 ボーダーコリー
39位 バセットハウンド
40位 コルソドッグ
41位 ウエストハイランドホワイトテリア
42位 ローデシアンリッジバック
43位 チェサピークベイレトリーバー
44位 柴犬
45位 ビションフリーゼ
46位 秋田犬
47位 ベルジアンマリノア
48位 ブルマスティフ
49位 セントバーナード
50位 ソフトコーテッドウィートンテリア
51位 ポーチュギーズウォータードッグ
52位 ブラッドハウンド
53位 パピオン
54位 オーストラリアンキャトルドッグ
55位 エアデールテリア
56位 スパニエル (English Cocker)
57位 ブルテリア
58位 スコティッシュテリア
59位 アラスカンマラミュート
60位 ウィペット
61位 シャーペイ
62位 ダルメシアン
63位 ボルドーマスティフ
64位 ポインター (German Wirehaired)
65位 サモエド
66位 ワイアーヘアードポインティンググリフォン
67位 グレートピレニーズ
68位 ミニチュアピンシャー
69位 ウェルシュコーギーカーディガン
70位 ケアーンテリア
71位 ラサアプソ
72位 イタリアングレイハウンド
73位 アイリッシュウルフハウンド
74位 チャウチャウ
75位 オールドイングリッシュシープドッグ
(引用元:アメリカケネルクラブ

なんと72位という順位で、日本では見たことも
ない犬種より順位が下かもしれない。

イタグレはほとんど見かけることがないくらいなのか

日本で人気犬種のトイプードル、チワワ、柴犬も
お国が変われば順位もガラっと変わっている。

(日本での犬種ランキングは以前の記事参照ココ

やっぽりお国柄、大型犬が上位を占めているのも
分かるような気がする。

ではでは・・・。
日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカでの無責任な飼い主のこんな話が載ってました。

米カリフォルニア州で1頭のジャーマンシェパードのミックス犬が、ある日迷い犬としてダウニー動物保護センターのスタッフに保護された。その犬は保護センターがある地区の一軒の庭からフェンスを飛び越えてきたため、スタッフは迷い犬だと思ったそうだ。

しかし、事実はそうではなかった。2歳になるその犬は父親犬を喪ったことで繊細になり、鳴いたり吠えたりするようになったために、飼い主に「この犬は変わってしまった」と捨てられてしまったのだ。

そうとは知らないスタッフは、保護センターでその犬を他の犬たちとともに世話をしていた。そこへある家族がやって来て「犬を飼いたい」ということで敷地内を案内していると、その犬がはちきれんばかりに尻尾を振り、見学に来た家族のもとへとフェンス越しに走り寄った。

保護センターのスタッフであるデジ・ラーラさんは、その時の様子をFacebookにこう綴っている。

「あの犬が飼い主を見つけた時、すごく尻尾を振ってまるでクリスマスツリーがライトアップされたように輝いていたわ。『見つけに来てくれた、やっと家に帰れる』って思ったのよ。でもそうじゃなかった。その家族は私にこの犬の代わりに別の犬を引き取りたいって言ったのよ。」

繊細になってしまった飼い犬をこのまま置き去りにして、新しく別の犬を飼いたいと申し出た家族に、保護センターのスタッフの驚きはいかばかりであったことか。

引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/12426013/


この飼い主、別の犬を飼う様になったかは
分からないが、飼う資格無いでしょう

多分、別の犬を飼っても、何らかの理由があれば
同じ繰り返しをするんだろうな・・・

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ