こまりーーーーーんこ!!

ドーベルマンの保護犬から始まり、今では小型犬イタグレのアル、ジェイ、保護犬からのこまりとの生活です。

カテゴリ: 新聞・ネット記事紹介

豪クイーンズランド州で今年4月、当時生後7か月の犬が獣医の手違いにより全く異常がない足を切断されたと言うニュース。

参照元:YAHOO
 
右足を骨折した犬

豪クイーンズランド州ミッション・ビーチ在住のスティーブ・スカーレットさん(Steve Scarlet、52)は、生後9か月のジャック・ラッセル・テリアとトイ・フォックス・テリアのミックス犬“マニー(Muni)”と暮らしている。今年4月のこと、マニーは駐車していた車から転げ落ちてしまい、歩くことができなくなってしまった。

スティーブさんはすぐに、マニーを近くの「ノース・クイーンズランド・クリニック(North Queensland clinic、以下NQC)」に連れて行ったが、獣医に「骨折が酷いので切断したほうがいい」と勧められ、同意した。

しかし4日後の4月7日、スティーブさんはマニーの様子がおかしいことに気付いて獣医に再診をお願いしたところ、驚くべき事実が判明した。

マニーのレントゲン検査を終えた獣医が、スティックさんにこう告げたのだ。

「手違いで骨折した右足ではなく、左足を切断してしまったようなのです。」

続き

なかなか衝撃的なニュースで何と言っていいのか・・・。

こんなことがないように

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃的なタイトルのニュースを見て驚き

頭の中央に耳がひとつ付いている子犬が「ユニコーン・ドッグ」と呼ばれ、SNSで人気を集めている。アメリカに住む飼い主に飼われている子犬は生まれてすぐ左耳を失い、右耳だけが残ったのだが、なぜか日を追うごとに耳が頭の中央に移動していったという。『Daily Star』『Mirror』などが伝えた。

米ミシガン州にあるファミリー・フレンド獣医病院(Family Friends Veterinary Hospital)の獣医であるサマンサ・スミスさん(Samantha Smith)が、動画共有サイト・TikTokに「ユニコーン・ドッグ!」とタイトルをつけて投稿した子犬の動画が84万件もの「いいね」がつき大人気となっている。

“レイ(Rae)”という名のゴールデン・レトリバーの雌の子犬は片耳しかないが、その耳がまるでユニコーンの角のように頭の中央にあるのだ。レイは生まれて2日後に母犬に誤って左耳を噛み切られてしまい、その患部の皮膚を縫合したところ、残った右耳が頭の中央に引っ張られたようだ。そして成長していくとともに、さらに右耳が徐々に頭の中央へと移動していったという。

レイの耳は普段は前の方に垂れており、飛び跳ねるたびに前後に揺れる様子がさらに可愛らしさを増すようだ。またレイはInstagramのアカウントを持っており、先月26日に開設したばかりで写真や動画もわずか22投稿程度だが、既に13万超のフォロワーがいる。そんなフォロワーからは次のようなコメントが寄せられていた。

「まさにユニコーン・ドッグだね。」
「この子犬は片耳だけだけど、完璧すぎるほど可愛い!」
「なんて可愛いの! 愛することがやめられないわ。」
「今まで見た中で一番可愛い犬だわ。今日は本当に元気をもらっちゃった。」

レイが他の犬と遊んだり、すました顔でポーズをとったりする様子は多くの人を笑顔にし、またレイ自身も飼い主の愛情を受けて健やかで元気に育っているようだ。
参照元:https://livedoor.blogcms.jp/blog/arujaykomari/article/edit?copy_id=81587402



実際にインスタを見てみると本当に耳が頭の真ん中にある
rae1
rae2
rae3
rae4



ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響がこんな所にも・・・

2階から犬を散歩


新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国で、隔離されたアパートの2階から犬を散歩させる動画が話題となっています。

 犬が外を駆け回っています。しかし、よく見ると犬のリードはアパートの2階へとつながっています。

そして、散歩が終わったのでしょうか。犬は2階へとつり上げられていきます。

中国東北部の黒竜江省のアパートでは、新型コロナウイルスの感染拡大で隔離措置が取られていて、飼い主は外に出られない状態となっています。そのため、飼い主は苦肉の策として長いリードを使って2階の自宅から犬を散歩させたとみられます。

中国のSNS上ではこの行動が「たこ揚げ式散歩」と名付けられていて、話題となっています。
(参照元:https://news.livedoor.com/article/detail/17856973/

ちょっと強引で危険な気もするが、不要不急の外出を控えるようになっているという事は、犬の散歩もできないということ。
人ごとのようで明日は我が身。
日本も同じ状況になったら散歩はどうなるんだろう

家の外でしかトイレのできないワンちゃん達はどうするんだ


ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで白色のジャーマンシェパードの母親から緑色の子犬が産まれて話題になっているというニュース。
(CNN)米ノースカロライナ州の家族が飼う白色のジャーマンシェパード「ジプシー」が「緑色」の子犬を産み、話題となっている。

出産した計8匹の1匹で、家族は最初はとまどったと説明。女性の飼い主は地元のCNN系列局WLOSの取材に、有害ではないと知っていたが、「念のため確認しなければいけなかった」と振り返った。

その後、この雄の子犬は体の色にちなみ映画化もされた米コミックの架空の超人「ハルク」と命名された。

家族の近くにある動物病院の看護師は緑色になったことについて、子犬は子宮の中でそれぞれ薄い皮状と化している液体の中に包まれていると指摘。仮に子犬がこの中で最初のふんを排出した場合、体がその色に染まるとした。

ただ、この色は暫定的なもので体を洗ったり母犬がなめてきれいにした場合、消えていくとも説明。ハルクの体はいずれ白色になるともみている。

大半の子犬は緑色の体となっては生まれないが、この現象は時々起きているとも指摘した。

子犬が最初に排出したふんを飲み込んだり、ふんの中で過多な時間を過ごした場合、健康障害が起きる恐れもある。ただ、ハルクにはこのような危険性はなかったという。

今回生まれた8匹はいずれも元気で、十分に成長すれば、他の家族へ譲る予定ともなっている。

緑色のジャーマンシェパード

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/17683219/

大きくなってもこのまま緑色なのかもう少し成長して様子を見ないと分からないけど、暫定的に緑色になっているだけなら「ハルク」という名前はどうなんだろうか


ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

自然分娩で最も多く子犬を産んだ犬としてギネス世界記録になるかも知れないというニュース。

グレート・デーンとアメリカン・ブルドッグのミックス犬が21匹もの赤ちゃんを出産

イギリスとアイルランドの間にあるアイリッシュ海に浮かぶマン島で先月20日、グレート・デーンとアメリカン・ブルドッグのミックス犬が自然分娩で21匹の赤ちゃんを出産した。「最も多く子犬を生んだ犬」の世界記録は帝王切開による24匹で、今回の出産が正式に認められればギネス世界記録達成となる。

英国の自治保護領であるマン島で先月20日、獣医や飼い主のジョアン・ハインさん(Joanne Hine)に見守られながら、ミックス犬の“メリー・ジェーン(Mary Jane、以下MJ)”が自然分娩で21匹を出産した。

ジョアンさんによると、当初の予想では6~8匹の子犬が誕生するはずだったそうだが、出産予定日が近づくにつれてその数は増え、誕生してみれば21匹という世界記録を超える数となった。

ギネス記録に現在「最も多く子犬を生んだ犬」として登録されているのは、英ケンブリッジシャー州のナポリタン・マスティフの“ティア”で、2004年11月9日に24匹を出産している。しかしティアの出産は帝王切開によるもので、MJの自然分娩による21匹の出産が認められれば世界記録を達成するという。またティアの出産では24匹中生存が確認できたのは20匹だったが、MJの場合は6匹が死産、1匹が誕生後間もなく亡くなったため、生存は14匹だったそうだ。

続き

21匹の子犬
(参照元:https://news.livedoor.com/article/detail/17493471/

2度目の出産は1度目より多産になることが多いそうなので、避妊手術をするそうです。
子だくさんはいいけれど、グレート・デーンサイズになるだろうから新しい飼い主が決まるまで大変だろうな~

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ