こまり1月9日にPLT(血小板数)の検査をしに病院へ
ステロイド投薬後11日目の検査。

病院に入ってすぐに帰りたいモードのこまり
イタグレこまり_介在性血小板減少症 (1)










血液検査の結果、前回よりPLT値は2.0から27.4へ上がっている
ステロイドがばっちり効いている
貧血もなし。
肝臓、腎臓も想定内の結果で問題なしで副作用も問題なし。
イタグレこまり_介在性血小板減少症 (3)

これでステロイドが効いていることが分かった。
文献では同じ免疫介在性血小板減少症の犬で3割位がステロイドが効かないらしい。

次はステロイドの量がどれ位で効くかを見極めていく。
値が上がったからといって、いきなりステロイドを止めることはダメみたい
これからの3週間はプレドニンで5mgを2錠から1錠に減薬し1日1回と胃薬を1日2回。

2錠投薬しないといけないのか、1錠でいいのか、もっと投薬の日数を空けれるのか。
3週間後に再度検査。
イタグレこまり_介在性血小板減少症 (2)

とりあえず副作用もなくひと安心

ではでは・・・。

日々の更新の励みになります。宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

ペット(犬) ブログランキングへ